> カテゴリ
全体
今日のかーちゃん
今日の同居人
未分類
> お気に入りブログ
> 最新のコメント
> メモ帳
かーちゃんの「大丈夫」
家に帰って、テーブルの上に置いてあった新聞をなにげなく見たら、かーちゃんが書いたらしい書き込みがありました。

e0174726_1241784.jpg


「大丈夫」っていう字を練習したかったようなのですが、良いセン行っているものの、微妙に違う。。。

手紙かなにかに書く必要があったのではないかと思うんですが、それこそ大丈夫だったんでしょうか、かーちゃん。

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
[PR]
# by hamazo_ex | 2011-04-09 12:06 | 今日のかーちゃん
かーちゃんとあの関節痛
かーちゃんが、バイト先に新しく入った人の話をしていました。
かーちゃんのバイトは大きな病院の掃除なので、結構重労働です。新しく入ったバイトさんも、体が慣れずに疲れて大変だそうです。

わたし 「でも、かーちゃんも最初は、疲れきって帰ってきてましたよね」
かーちゃん「そうね〜」
わたし 「最近は、すっかり慣れたんですねえ」
かーちゃん 「でも私も、あちこち痛くなって大変だったのよ。四十肩になったし」
わたし 「ああ、そういえばそんなことも...」
かーちゃん 「ほんと、四十肩のときは、大変だったわ!手がぜんぜん上がらないし」
わたし 「そうですねえ...」
かーちゃん 「四十肩、直ってよかったわ〜!」

かーちゃん、現在66歳。
何度も「四十肩」を連呼するかーちゃんですが、六十歳すぎても「四十肩」って呼ぶのでしょうか...
ちょっと気になりましたが、聞けませんでした。



にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
[PR]
# by hamazo_ex | 2011-04-06 21:52 | 今日のかーちゃん
かーちゃんとマスター
最近は毎朝、コーヒーを淹れている同居人を見ては喫茶店のマスターを連想しているかーちゃんです。

数日前も、こんな会話が繰り広げられました。

かーちゃん 「うふふ♪」
同居人 「?」
かーちゃん 「ねえ、喫茶店のマスターみたいよね」
同居人 「...」
かーちゃん 「ほら、歌にもあるわよね。喫茶店のマスターの歌
わたし 「ん?どんな歌でしたっけ」
かーちゃん 「ほら、あれよ、あれ!」
わたし 「あれ、と言われても...」
同居人 「...」
かーちゃん 「えーっと、あれ。ねぇ〜マスター、っていうやつ」
同居人 「それは、『失恋レストランだ!」

歌詞を見直してみましたが、コーヒーは出てこないですね...

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
[PR]
# by hamazo_ex | 2011-03-31 08:44 | 今日のかーちゃん
かーちゃんが沢山いた日
かーちゃんの実家は山形なのですが、日本海側なので今回の大地震の被害はそれほど受けなかったようです。

被災地の食料不足などを告げるテレビのニュースを見ながら、かーちゃんがしみじみ言いました。

かーちゃん 「うちは、東北に親戚がいなくて、本当によかったわねぇ」

わたし 「ん?そうですねえ」

相づちは打ってみたものの、何となくしっくりこない感じが残りました。
なぜ主語が「うち」? 確かに東北の親戚の心配をしなくていいのは幸運ですが...

その数日後、気分転換に一人で銭湯に行きました。近所に、温泉のある銭湯があって、ゆっくり大きなお風呂につかりたいときに、たまに行くことにしてるのです。
その銭湯は近所のおばちゃん達にも人気で、妙齢のご婦人がたのたまり場的な場所になっています。

聞くともなく、おばちゃん達の会話を聞いていると

おば1「ほんとさー、うちは東北に親戚がいなくて良かったわよー」

あっ、かーちゃんと同じこと言ってる。

おば2「ほんとよねー。いたら、いろいろ送ってやんなきゃならないもんね」

おば1「そうよね、米とかカップ麺とかさ」

ここへ来て、私の疑問が氷解しました。そうか、かーちゃんが言ってたのは多分こういう意味だったんだ!

それにしても、この国家的危機において、なんという自分目線な問題認識...
ある意味、普段からそこの部分はかわってなくて、ブレがなくてすごいとも言えます。

でも、世の中のおばちゃんって、みんな同じような発想をするんですね。
かーちゃんを1人みたら30人いると思え(ちょっと違)、と思ってしまった日だったのでした。




にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
[PR]
# by hamazo_ex | 2011-03-30 08:48 | 今日のかーちゃん
かーちゃんの未来設計
我が家ではずっと、ミル一体型のコーヒーメーカーを使っていたのですが、節電のためにハンドミルで豆をひいて、ヤカンでお湯を沸かして、手でドリップすることにしました。
最初の何回かは私がやっていたのですが、こまめな同居人は、この一連の作業が結構気に入ったようで、朝食のあと自発的にコーヒーを淹れてくれるようになりました。

ある日、ヤカンから丁寧にお湯を注いでコーヒーを淹れている同居人を見たかーちゃんが、一言。

かーちゃん 「あんた、将来は喫茶店のマスターになれば?」
同居人 「え?」
かーちゃん 「そんで、Hamazo さんは料理が好きだから、料理を作って出したら?」

コーヒーを淹れている姿を見て喫茶店のマスターを想像したのでしょうか。
意外とほほえましいな、と思っていると

かーちゃん 「だって、今の若い人は将来、年金なんてもらえないでしょ? 定年退職したら、喫茶店をやって稼いだらいいんじゃない?」

そ、そっちの心配ですか。。。でも喫茶店なんて儲かりそうにないし。
というか、勝手に人の老後を設計しないでください、かーちゃん。。。



にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
[PR]
# by hamazo_ex | 2011-03-28 12:00 | 今日のかーちゃん
   

我が家に生息するかーちゃんの、不思議な言動を記録する日記です
by hamazo_ex
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧