<   2009年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
かーちゃんと釣り番組
休日の朝、釣りの番組を見てました。
狙いは太刀魚です。テレビの中でイワシの群れを食べにくる太刀魚を狙って釣ろうとしていたのですが、針にひっかかって上がってきたのは小さなイワシ。しかも、針にささったまま死んでしまっていました。

テレビの中のひと:「あー、このイワシ、溺死しちゃってるよー」

かーちゃん:「溺死?」

わたし:「...」

かーちゃん:「うふふ、溺死、溺死♪」

わたし:「......」

サスペンス好きのためか、殺人関係の単語を聞くと、つい嬉しそうに反応してしまうかーちゃんなのでした。

でも、釣り番組でそこに反応するんですか...



にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by hamazo_ex | 2009-05-30 12:35 | 今日のかーちゃん
かーちゃんと村上春樹
村上春樹が新刊を出した、とニュースでやってました。
海外で賞をもらったり、ノーベル文学賞候補のうわさもあるほど人気のある村上春樹ですが、我が家での評価は比較的冷ややかです。

まず同居人は、村上春樹のマラソンに関するエッセイの本は読んだことがありますが、小説は読んだことがありません。

私はマラソンエッセイと他に数作読んでいて、嫌いではないけれど、それほど大好きでもない、という感じ。

さて、かーちゃんは?

かーちゃん:「あの、あれ!」

わたし:「ど、どれ!?」

かーちゃん:「あのー、ノルウェイのなんとか、は読んだことあります」

わたし:「あー、『ノルウェイの森』ですね。で、どうでした?」

かーちゃん:「あんまり...」

わたし:「へー」

かーちゃん:「だって、人が死なないから、つまらないんですよねぇ」

やっぱりそこが評価基準なのかー...

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by hamazo_ex | 2009-05-29 13:04 | 今日のかーちゃん
かーちゃんと殺人事件
都内の資産家の殺人事件があった、というのをニュース番組で報道していました。

かーちゃん:「なんかねー、池袋まで自分の土地を歩いていけるほどの資産家なんですって!」

とか

かーちゃん:「税金を1千万くらいおさめてるんですって」

とか

かーちゃん:「でもね、殺された後、アクセサリーとかはつけたままだったんですって」

とか、やけに興奮して饒舌なかーちゃん。

以前も書きましたが、土曜サスペンスが大好きなかーちゃんです。

指摘すると、

かーちゃん:「オホホ、そうなのよ。わたし、殺人事件、好きなのねえ(ニコニコ)」

かーちゃん、ニコニコしてそういうことを堂々と主張するのもどういうものかと思います...

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by hamazo_ex | 2009-05-29 01:40 | 今日のかーちゃん
かーちゃんとタブー
「タブー」って聞いて、加藤茶の「ちょっとだけよん」を思い浮かべる人は、ちょっと古いです。

お箸のタブーってありますよね。
二人でお箸を使って同時に一つのものを触ってはいけない、というやつです(※)。お葬式のお骨拾いの動作と重なるのでタブーになっているもので、一般的な常識だと思います(というか、思ってました)。
タブーを破るような動作をすると、よく子供のころに叱られましたので、なんとなく骨身に染み付いてます。

先日、朝食のテーブルで。私の切ったタラコの皮がきちんと切れておらず、同居人が一切れを箸で摘み上げるともれなく3切れ付いてくる状態になってました。重さでタラコの皮を断ち切ろうと同居人がしばらく苦戦してぶらぶらさせていたところ、

かーちゃん:「あ、じゃあそれ私がもらうわ」

と、ぶら下がってるほうのタラコを箸でつまんで引っ張ろうとしました。

タブー状態になってしまうのを恐れて、思わずタラコを皿に取り落とす同居人。

しかし、かーちゃんはひるまず、落ちたタラコをまた摘み上げ、

かーちゃん:「ほら、そっち引っ張って」

同居人:「いや、でもそれはやりたくないよねえ」

かーちゃん:「え? どうして?」

どうやら、かーちゃんの辞書にはタブーがないようです。
ひょっとして山形県(かーちゃん出身地)ではタブー認定されてないのかしら。

わたし:「あのー、こうやっちゃだめって、知らないんですか?」

かーちゃん:「え、知ってるわよ。オホホ」

本当かなあ。

わたし:「どうしてダメなのか、理由知ってます?」 (← いちいち突っ込みを入れるやつ)

かーちゃん:「え、それはどうしてかしらね。ホホホ、言ってみて?」

同居人:「本当は知らんのやろ」

かーちゃん:「(ぎくり)」

とうとう正直に認めたかーちゃんの弁によると、お葬式に出席してお骨拾いをしたことがないので知らないそうです。本当かなあ...60年以上生きてきて、一度もお骨拾いしたことがないなんて、あるかしら。

それにこういうタブーって、普通は親にしつけられて覚えていくものですよね。お葬式に出たことがなくても、子供のころに教わっていそうな気がします。
かーちゃんに育てられた同居人が知ってるタブーを、かーちゃんが知らないのも不思議です。

可能性としては、

1) 山形県ではタブーになってない。同居人は別の地方出身の父親から教わった。
2) 山形県ではタブーになっているが、なんらかの理由でかーちゃんは知らなかった。同居人は別の地方出身の父親から教わった。

というところでしょうか。
ひょっとしたらかーちゃんが子供のころは山形では土葬がメインで、お箸のタブーは存在しなかったのかもしれないし。

同居人:「でも、昔かーちゃんから箸で二人でつまんじゃいけないって、躾けられたような気がするぞ...」

ということは

3) 山形県ではタブーになっているし、かーちゃんもかつては知っていて子供にも教えたが、その後に忘れてしまって今に至る。

真相は闇の中です...

「うわさのケンミンSHOW」で取り上げてくれないかしら。


※補足:正式には「二人箸」と呼ぶようです。


にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by hamazo_ex | 2009-05-14 09:16 | 今日のかーちゃん
かーちゃんのファッションチェック
テレビのニュースで、麻○首相とその奥様が飛行機のタラップから降りてくる場面を写していました。

かーちゃん:「麻○さんの奥さんの服、なんかだらしないわよねー」

そうでもないと思うけど... 白いカットソーに黄色いジャケットを羽織った、わりとカジュアルな服装でした。

かーちゃん:「それにちょっと太ってるわよね」

たしかに丸顔で少々ふっくらした感じではあるけど、そこまで太ってるってほどでは...

かーちゃん:「なんかお腹が出てて、これなら私とあんまり変わらないなー、って思っちゃった」

同居人:「えー、そうかー!?」

同居人、つっこむの早すぎです(汗)

この比較論へのコメントは差し控えますが...
服に関しては、なんといっても名門の出の奥様なんだから、カジュアルに見えても、多分かーちゃんが日ごろ着ている服とは値段が一桁は違うと思うんですけど...

有名であるがゆえに、このように、日々全国のおばちゃんの強気の発言にさらされているのかもしれないですね。ファーストレディーっていうのも大変だなあと思いました。

(母の日のプレゼントは姿見にするべきだろうか...)


にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by hamazo_ex | 2009-05-07 22:13 | 今日のかーちゃん
   

我が家に生息するかーちゃんの、不思議な言動を記録する日記です
by hamazo_ex
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧